赤い霊柩車30・後編の感想とレビュー【久々にアレが登場しました】


10月5日放送の放送20周年記念
赤い霊柩車30・後編の感想とレビューです

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

さて、この「赤い霊柩車」ですが、
私がまだ小さいころから何度もオンタイムや
再放送で楽しんできたシリーズです。
今回は前編、後編にわかれていました。

 

前編と後編が一週間経っていたので、
すでに前編に起こった事件のことは、
忘れつつありました。

 

でも、そこは2時間ドラマ!!

 

きちんと前回のおさらいをしてくれたので、
何とか記憶を呼び起こすことができました☆

 

ただ、前編を見ていなかった人には、
後編だけ見ていても、
人間関係が複雑なので、わかりにくかったかも・・・

 

このシリーズでは
毎回、ドラマの最初に最近の葬式事情の説明を
秋山さんとよしえさんが
コメディータッチで教えてくれるのも、また楽しいです。

 

次々に殺人が起こる中のシリアスな場面の
合間合間にも秋山さんとよしえさんの掛け合いが、
楽しくて、ホッとさせられたりもします。

 

でも、何だかんだ言っても片平なぎささんや若林豪さん
、神田正輝さんなどベテラン勢が多数出ており、
安定感があって、安心して見ることができますよね。

 

しかしながら、このシリーズの中で、
神田正輝と片平なぎさは婚約者という設定ですが、
もう何十年も婚約者の関係なんです。

 

私が小さかった時は気にもなりませんでしたが、
今となっては、ずっと婚約者って・・・・

 

もう結婚する気ないやん!って思ったり(;´Д`)

 

まぁそこは、ドラマの設定なので
仕方ありません。

 

ただ、内容的には私の個人的な意見としては、
人間関係がややこしすぎるかなと。

 

捨て子だと思っていた子は育ての親の実の子だった!とか
実は事情があって本当に好きだった者同士が
結婚することが出来なかったが、
密かに、本当に愛する人の子を産んでいた!
みたいなのが重なりすぎていたような気が・・・

 

この人は、実はこの人とこの人の子どもで、
さらにその子どもはこの人とこの人の子・・・って

 

ややこしいよ~(;´Д`)

 

一緒に見ていた母は、
最後の最後に・・・

 

犯人より、
「この人は誰の子やったっけ??」
とそればかりをしきりに気にしていました。

 

そして、犯人は、何となくわかっていた
予想通りといったところです。

 

何だかんだ言いましたが、
私は赤い霊柩車シリーズはすきですね!

 

今回は、本当に赤い霊柩車も
出てきましたし☆

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:久々に赤い霊柩車が出てきた

 

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ