東京全力少女・第1話のストーリーと感想【見る前は期待していたのに】


東京全力少女・10月10日放送分。
第1話のあらすじと感想です。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

この[東京全力少女]が始まる前から
ずっと流れていた予告から思っていたんですが、

 

武井咲さんの髪型ってカツラ??と
疑いたくなるような髪型ですよね。

 

見慣れないせいなのか、
前髪がある感じにしっくりこなかったのは
私だけでしょうか??

 

内容的には、死んだと聞かされていた父親が生きていると、
母親から知らされた武井咲演じる佐伯麗は
母親には内緒で夜行バスに飛び乗り、
父親を探しに香川から東京へ!

 

その東京へ向かうバスの中で、
麗の後ろの席に座っていた三浦翔平演じる玉川大輔に
無理から話を聞いてもらって・・・と

 

何だかんだとドタバタした感じでしたが、
勢いがあって、話の展開が速い速い。

 

最初に立ち寄った古着屋さんの店員に
紹介してもらった人が探してた父親だと第1話でわかるなんて、
ビックリですよね!!

 

すごくあっさり、しかも偶然見つかるなんて
さすがドラマf^_^;

 

しかも立ち寄った古着屋さんで試着した際に、
比嘉愛未演じる芹沢華子がカバンを預かったのに
そのカバンを自分の全く視線の届かない
陳列してある洋服の上にポンと置くって!!

 

しかも、予想通り置き引きされるって!!

 

とまぁ突っ込み所は満載でしたが、
思いの外、面白かったですね。

 

その古着屋さんの芹沢華子も
今後、裏の顔が見れそうで楽しみです。
私けっこう、比嘉さん好きなんですよね。

 

それから、女癖の悪い麗の父親役の渡部篤郎さんが
面白くて、良かったです。

 

何より渡部さん、「そんな大きい声出たんだ~」って思いました。

 

そういや違う番組で、ボイストレーニングに通ってるって
話してたなぁ~!
その効果が出たんですかね(^O^)

 

あと、大輔の父親役の温水洋一さんがしているシェアハウスの
住人も個性豊かで、今後も面白そうです。

 

最初、予告を見た感じでは
あまり期待してなかったんですが、
気軽に楽しめるコメディードラマでした。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:渡部篤郎のしゃべり方がボソボソしてないのは衝撃

 

タグ

2012年10月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:東京全力少女

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ