毒<ポイズン>第1話の感想とレビュー【綾部のニヤリ顏が辛い】


毒<ポイズン>第1話・10月4日放送の
感想とレビューです。

 

 

評価:6点 ☆☆☆☆☆☆

 

 

毎回、木曜ミステリーシアターは楽しみにしているんですが、
前回の山田優主演の「VISION~殺しが見える女~」は

 

恐ろしい程面白くなかったので、
1話だけ見ただけで見るのを止めたんですf^_^;

 

なので、今回のシリーズの第1話を楽しみに待ってました!
赤川次郎原作ということで、さらに期待値も上昇!!

 

いざ見てみると、話の内容的には笑うセールスマン的な感じ??

 

以前放送されていた永井大さん主演の「FACE MAKER 」っていうドラマに
内容の感じが似ているかな?

 

内容的には、検出不可能な為に
完全犯罪が可能な毒薬で24時間後に殺したい人を殺すことが出来る毒薬を
ピースの綾部扮する松井十一から貸してもらい、

 

使うかどうかの葛藤、そしてその後の心模様を描く
1話完結のオムニバス形式のようです。

 

第1話は小泉孝太郎さんが主演でした。
私、小泉孝太郎さん結構好きなんですよね(^0^)

 

ということで、私は先はどうなるのだろうかと、
ドギマギしながら見ていました☆

 

真相がわかると、サスペンス物によくある
「あぁ~殺さなくて良かったのに~」
っといった感じでしたね。

 

というか、
物語自体は楽しんで見ることが出来たんですが、
問題はピースの綾部さんですねf^_^;

 

最初のナビゲーターみたいなシーンや
話の合間合間に出てくるんですが、
何だかピカルの定理のコントを見てるみたいで、
すごい違和感。

 

何か変・・・(;´Д`)

 

ニヤリとする顔や、話し方もなんだか
ぎこちないというか、不自然というか・・・
コントにしか見えなかったのは私だけ??

 

はっきり言わせてもらうと、
この人は俳優には向いてないですね。

 

でも、それ以外は次回も見てみようかなと
思わせてくれました。

 

評価:6点 ☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:ピース綾部の『ニヤリ』がキモい

 

タグ

2012年10月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:毒<ポイズン>

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ