毒第4話 の感想と評価【演技ができない芸人の芝居】


 

毒<ポイズン>第4話 の感想と評価です。
10月25日放送分。

 

評価:3点 ☆☆☆☆

 

 

 

今回は前回の続きで、
中野刑事(木村祐一)メインで、
中野刑事と原田(堀部圭亮)の場面も多かったです。

 

殺人を犯したというのに、
何食わぬ顔で普通の生活を送っている
狂気に満ちた殺人犯を堀部さんが見事に演じています。

 

冒頭、これまた綾部さんと中野刑事のツーショットだったのですが、
綾部さんが中野刑事に言った
「大丈夫、警察には言いませんよ。あっ、あなたが警察でしたね」
っていうセリフの言い方に、何か笑ってしまいました。

 

綾部さん、成長しないなぁ~(;´Д`)

 

今回、また中野の娘・ひろこがいなくなり、
原田がひろこの靴下を拾ったと言って持っていました。

 

って、ひろこの母親(遊井亮子)も
あれだけ原田が少女3人を殺したかもしれないって言っているのに、
子どもから目を離すって・・・

 

危機管理がなさ過ぎです。

 

ただでさえ物騒なこのご時世に
砂場で遊んでいる子どもを
視界に入らないような遠くにいるって・・・

 

それにしても最後に銃声が聞こえた時、
これは何やかんやで中野刑事が撃たれたんだろうなぁ~って思ったら、

 

やっぱり~!!

 

っていうか、
中野刑事を撃った刑事は一体いつの間に来たんだ~??

 

普通刑事なら、
「銃を捨てろ!捨てないと撃つぞ」とか何とか言いますよね??

 

無言でいきなり撃つって~f^_^;

 

2週連続で中野刑事メインの事件だったから、
きっと最後は殉職なのかなぁ~って思ってましたf^_^;

 

予想通りって感じでしたね~。

 

予想を全く超えてこない展開に
う~ん・・・っといった感じでした。

 

2週連続だったし、
まるで最終回のような内容でした。

 

ということで、
私の中で今回がこの「毒<ポイズン>」の最終回と決めました。

 

もうきっと見ないですね~(^_^;)

 

さようなら~、ポイズン☆

 

最近多いですけど、
芸人さんが俳優の真似事をすると
やっぱり良くないんだなぁ~ってことが分かったドラマでした。

 

 

評価:3点 ☆☆☆

 

一言メモ:今からでも遅くない。綾部の代わりに又吉を出すべき

 

タグ

2012年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:毒<ポイズン>

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ