毒<ポイズン>第2話 のあらすじと感想【どうした綾部!】


毒<ポイズン>第2話(10月11日放送)の
あらすじと感想です。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

第2話でしたが、今回も「殺さなくて良かったのに~!」の
パターンでしたね。

 

これからもこのパターンでいくのかな?

 

ストーカーだと思ってた清掃員の人は
実は守ってくれていたって、
やや無理があるような・・・

 

あんなに仕事中にあからさまにガン見されたり、
夜な夜な仕事のデスクに抱きついていたら、
もはやストーカーですよねf^_^;

 

最後の、真犯人から奪い返したカギを返しに来たという場面でも、
カギを返しに来たと言う割りには、
そのカギを使って玄関開けちゃってるし~!

 

ってか、毒薬の毒が効いてくるのが24時間後だから、
その時間にアリバイを作っておけば、
完全犯罪になるというのがこの毒を使うメリットなのに、

 

今回はその時間に1人で家にいるって~!!
アリバイ作っとかなあかんやん!!
っと、何だか今回は特に突っ込み所が満載でしたね(*_*)

 

それより何より気になった「この会話いる??」っと思ったのは
綾部さんのシーン!

 

ファンの方には毎度申し訳ないですが、
綾部さんが毒薬を返してもらいに来た際に
コインをストーカーに例えてはじこうとする直前に言った
「は・じ・い・た」っていう言い方。

 

1文字ずつためながら言っていたんですが、
なぜこの言い方??
謎でした。

 

というか、何だか面白くて吹き出してしまいました。

 

山Pが昔主演していた「クロサギ」というドラマで、
山P演じるクロサギが「あなた何者」と聞かれて

 

答えるときに言っていた「詐・欺・師・だ」という
言い方を思い出したりして、
何だか内容に集中できなかったですね(;´Д`)

 

それはともかくとして、
次回は殺さなくて良かったパターンとは違うバージョンが
そろそろ見てみたいですね!

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:綾部の演技がエスカレートしてきた

 

タグ

2012年10月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:毒<ポイズン>

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ