パーフェクト・ブルー第一話の感想と評価【宮部みゆきの名作です】


パーフェクトブルーの犬

パーフェクト・ブルー第一話の感想と評価です。
10月8日放送分。

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

宮部みゆき原作ということで、
楽しみにしていました。

 

いざ、ドラマが始まってみると、
ドラマの内容より気になることが・・・

 

それは前々から思っていたんですが、
主人公の蓮見加代子を演じている瀧本美織さん、

 

何だか彼女の声はどもシリアスな場面には
どうも不向きなような気がするんです。

 

声が高いというか、フニャリとした感じの声なので、
シリアスは場面で大きな声を出すと、
何だか緊迫した空気の緊張感が、ちょっと壊れる感じが私はしました。

 

う~ん、探偵という役柄ですが、
子どもっぽく見えるというか、少年っぽくみえますね。

 

でも、周りの俳優さん方が財前直見さんや寺脇康文さんなど
ベテランの方がたくさん出演していて支えられているので、
何とかなっていくことを願います。

 

あと、主人公の相棒の元警察犬のマサの声をしているのが、
何と船越英一郎さんじゃありませんか!!

 

2時間ドラマの帝王が、今回は声だけの友情出演なんですね。

 

マサの視点から見た主人公、登場人物や事件後のことなどを
ナレーションしているんですが、何とも渋い良い声でした☆

 

さて、このドラマは新聞記者をしていた主人公の父が
「パーフェクト・ブルー」という言葉を残して、
自殺した事件が根底にあり、

 

探偵事務所をしている主人公の母や主人公を始め
家族全員が父の死を自殺ではないと思っている為、
その父の死の真実を明らかにしていきつつ、

 

毎回1話完結で、探偵事務所に相談に来た人に巻き起こる
様々な事件の真相などを解き明かしていくといった
感じのようです。

 

今後の「パーフェクト・ブルー」という言葉に隠された意味や
真相はもちろんですが、

 

個人的にはマサのナレーションや
何だか影のある寺脇康文さん演じるラ・シーナのマスターが
気になるところです。

 

瀧本美織さん演じる女性探偵の成長にも
期待したいところですね!

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:瀧本美織の演技がフニャフニャしてる

 

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ