結婚しない・第2話の感想【千春の友達の言葉が名言すぎる】


結婚しない・第2話のストーリーと感想
10月18日放送分です。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

今回は、千春(菅野美穂)の
お見合いの話を中心に進みました。

 

結婚はしたいけれど、譲れない条件がある。それは何か?
という内容でした。

 

千春は母親にお見合いを勧められ、
相手は40歳の製薬会社勤務の年収700万円の浅井(池内万作)。

 

条件が良いし、35歳でも良いと言ってくれているからと
母に強く勧められ、しぶしぶ浅井に会った千春。

 

浅井は悪くはなさそうな感じの人ですが、
今ひとつピンとこないという印象でした。

 

そんなある日、千春は春子(天海祐希)が
新しく店長になった花屋にやってきます。

 

そこで、前回昔の結婚の約束のことを
軽くあしらわれてショックを受けていた上に
通行人にぶつかってこけた所を助け、

 

ガーベラを1本くれた工藤順平(玉木宏)に会い、
アスターを買います。

 

なんて、偶然!!ってなかなかそんなことって、
普通に生活していたら、有り得ないですよね!
なんていう確率なんでしょう。

 

さすがドラマです。

 

しかし、工藤さんは優しいですね。
でも、絵を描くことを諦めた過去があるようで、
今後、そのことも明らかになっていくんだと思います。

 

何だかんだで、少しずつお見合い相手の浅井と
結婚しても良いのかもなと思い始めた千春でしたが、
春子が花屋の佐倉麻衣(三吉彩花)から教えてもらった婚活ブログのことを
千春に教えます。

 

これまた麻衣が「興味深いですよ」と春子に教えてくれた婚活ブログが
浅井のブログだなんて、偶然にも程がありますね。

 

というか、浅井さんおとなしそうな顔をして
本名でブログをしていた上に、
お見合い相手のことをあれこれ書いちゃ~いけませんよ!
誰が見ているかわからないんだから。

 

しかも、昔したお見合いの相手のYさんが忘れられないとか、
Yさんと比べると千春は年をとっているとか、
ドイツ転勤のために、妥協して千春と結婚したいみたいなことを
書いているなんて・・・

 

ひどいですよね~。

 

でも、お互い様だということで仕方ないと思いつつも
ショックだった千春は春子に八つ当たりしてしまいます。

 

家に帰りづらい千春がいつもの公園で飲もうと
コンビニにビールと野菜チップなどを買いに行くと、
これまた偶然にも工藤さんに出会っちゃうのです。

 

偶然って続くもんですね~(・ε・)
さすがドラマだ☆

 

工藤に「こんな時こそ早く帰った方がいい」と言われ、
千春が家に帰ると、マンションの入り口に春子が!

 

工藤から春子に「店長に話がある人が今から行くから待っていて下さい」と
電話があったとのこと。

 

工藤さん、なんて素敵な人なんでしょう☆

 

謝る千春に春子は「おかえり」とだけ言って
笑顔で迎えてくれます。

 

さすが春子さん!
心が広いなぁ~☆ザ・姉御肌!!

 

それにいつも遅刻しそうな千春を
何も言わずにバイクで送ってあげる春子さん。
素敵過ぎます!!

 

千春は、条件が完璧だと言われていた旦那サマと結婚した友達に彼女が
パートをしているおむすび屋さんでこれまた偶然出会います。

 

その友達と千春との会話も良かったですね。

 

「彼の条件と結婚したんじゃなく、
彼そのものが好きで結婚したんだ。
そして、つらいときに支えるために結婚したのだと思う」と。

 

友達、良いこと言う~!!

 

ということで、千春は「ちゃんと恋をして結婚したいんだ」ということに
気付いたのでした。

 

「何歳まで恋ができるのか」と尋ねる千春に、
春子は「信じている間は出来る」と答え、
アスターの花言葉を教えてくれます。

 

千春が花屋で買ったアスターの花言葉は「信じる恋」

 

毎回、花言葉がドラマの最後に今日のまとめ的な感じで
毎回出てくるのかな?と思います。

 

前回もガーベラの「一歩」が出てきていたので・・・

 

次回は予告で、春子が退職届を出そうかと思っているシーンや、
千春の元彼(中村俊介)の結婚が
破談になったとか言っているシーンがありました。

 

これまた、見逃せませんね!!

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:千春の友達が発言が名言すぎる!

 

タグ

2012年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:結婚しない

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ