半沢直樹・第1話の感想【壇蜜の愛人役がはまりすぎ】


やられたらやり返す。
倍返しだ。
それが私の流儀なんでね。

 
ilm2007_02_0273-s
今までの堺さんのイメージを
良い意味で変えてくれました。

 

支店長の浅野(石丸幹二)から強引に西大阪スチールへの
5億円の融資の指示があり、半沢直樹(堺雅人)が
しっかり調べた方が良いって言ったのに、
やっぱり西大阪スチールは粉飾決算をしていて
あっという間に倒産!!

 

素人の私から見ても、
明らかに西大阪スチールはやばそうな感じなのに、
5億円をしかも無担保で融資なんて
ありえませんよね。

 

西大阪スチール社長の東田(宇梶剛士)も
いかにも胡散臭いし・・・

 

こりゃ最初から支店長も西大阪スチールの
計画倒産のことを知っていて
融資をするように半沢に指示したとしか思えません。

 

話は変わりますが、壇蜜さんが東田社長の愛人役で
出ています。
壇蜜さんには失礼かもしれませんが
壇蜜さんは愛人顔ですね。

 

でも何かただの愛人でもなさそうな
雰囲気も感じるので、今後要注意です。

 

それにしても銀行の内部って実際はどうか知りませんが、
ドラマの通りだとしたら
とてもドロドロとした権力争いが巻き起こる
恐ろしいところなんですね。

 

怖い、怖い(;´Д`)

 

さて、騙し取られた5億円を回収すべく奮闘する
半沢直樹の姿はとても見ものです。

 

今までに見たことのない
堺雅人さんの険しい表情も見ることができて
とても面白いですね。

 

堺さんの優しい穏やかな表情も素敵ですが、
険しい表情で上司にたて突いて
5億円を取り返すとまくし立てるように
聞き取り調査で上司に啖呵を切る堺さんも
素敵です。

 

こんな人が実際いたら、
きっと実社会で
生きていくのはなかなか難しいでしょうが
ドラマの中だから、
理不尽に部下に責任をすべて擦り付ける上司に
思いっきり啖呵を切る姿はとても
スカッとします。

 

部下の手柄は上司の手柄、
上司の失敗は部下の責任って
なんて理不尽なんだってすごくイライラしますよね。

 

とくに人事部次長の小木曽(緋田康人)の
いやみな態度にイライラしているのは
私だけじゃないはずです。

 

半沢さんに早くギャフンと言わせてもらいたい
ところですが、なかなか簡単にはいきません。

 

あの手この手で同期の半沢を心配し、
助ける及川光博さん演じる渡真利忍もなかなか
良い味出してます。

 

及川さんというと「相棒」を思い出してしまう私ですが・・・

 

なにはともあれ、次回が楽しみです☆

 

タグ

2013年7月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:半沢直樹

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ