悪夢ちゃん・第4話のあらすじと感想【北川景子の無表情顔が怖い】


11月3日放送・「悪夢ちゃん」第4話の
感想とあらすじです。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

今回のお話は「邪夢」です。

 

彩未(北川景子)は前回子ども達に宣言した通り、
無理に笑うことを辞め、
本性をさらして子どもや他の教員達と接するようになりました。

 

突然変わってしまった彩未に戸惑う周囲の人たち。

 

悩みがあるなら、何でもいってくださいと
彩未に言った麦山勇市(岡田圭右)に
「じゃぁ喋りかけないで下さい」と彩未は冷たく言い放ちます。

 

それはそれで、潔くて私は好きですね。

 

確かにあまりにもずっと無表情なのは怖くはありますが、
北川景子さんには何だかお似合いです。

 

一方、古藤結衣子(木村真那月)はまた予知夢を見ます。

 

その夢は、同じクラスの小泉綾乃(白本彩奈)の舌が伸び、
その舌を噛み切るとイチゴのように真っ赤な舌が
結衣子の手の平の上でドロドロのジャムのようになり、
真っ赤に染まった口で綾乃は結衣子にキスを迫ります。

 

するとパソコンのモニターの中から夢王子(GACKT)が出てきて、
悪霊退散!!という何だか悪夢というか、
何というかというような夢でした。

 

目を覚ました結衣子も「微妙に怖い・・・」 と。

 

確かに微妙な悪夢というほどでもないような・・・

でも、予知夢は予知夢のようです。

 

でも、どうして結衣子の夢の中に
彩未の夢に出てくる夢王子が出てくるように
なってきたんでしょう?

 

彩未の無意識と結衣子の無意識が
つながっているということなんでしょうか。

 

彩未と志岐(GACKT)との会話の中で、彩未が言った
「あなたはフィギュアっぽいのよ」
には、私も納得でした。

 

確かに、見た目がフィギュアのような感じって
彩未の言いたいことが、すごく良くわかります。

 

そんな志岐が言っていた
子供が怖い夢を見るのは、
強くなる為の訓練だという話に納得でした。

 

なるほど~!!

 

確かに私も小さい時は
怖い夢を見ることが多かったです!

 

そんな中、綾乃らは本当の彩未を探ろうと
彩未のマンションへ向かい、そこで志岐と出会います。

 

その後、1人で志岐に会いに来た綾乃。
悩みがあり、相談に乗ってほしいとのこと。

 

このことが、後々大きな問題になってしまいます。

 

そんなある日、彩未のクラスの子ども達が
彩未のことがわからないと言って授業を
ボイコットすると言い出します。

 

次々に教室から子ども達が出て行く中、
教室には4人が残ります。

 

その4人は今までに彩未が悪夢から救った3人と結衣子でした。

 

やっぱり何だかんだ言っても
彩未に救われた彼らは
彩未の本当の姿を少なからず理解しているんでしょうね。

 

だから、周りに流されることなく、
自分の意思で教室に残ったんだと思いました。

 

そんな時、綾乃の嘘のせいで
彩未は緊急保護者会を開かれ、窮地に立たされます。

 

しかし、志岐の機転のおかげで
彩未の誤解が解け、助かります。

 

そんな折、結衣子がまた悪夢を見ます。

 

その悪夢から彩未と結衣子は綾乃が
給食に何か入れるのではないかと予想しました。

 

母親に嫌われたくないという強い思いから
志岐が言うように心の中にある葛藤を毒を吐かくように
外に出さずにはいられず、嘘をついてしまった綾乃。

 

クラスの子ども達は嘘をついた綾乃を
無視したり、嫌がらせをするようになります。

 

授業中も嫌がらせの手紙をクラスの子から渡されてしまう綾乃。

 

しかし、彩未が解毒剤にと
綾乃の母親に頼んで書いてもらった手紙のお陰で
綾乃は救わたように涙を流します。

 

綾乃に手紙を渡した後、
宮沢賢治の「雪渡り」の授業の中で彩未が強い口調で語った
「文部科学省が何と言おうと・・・」の長台詞!!

 

迫力があってすごかったですね。

 

彩未の解釈を理解するのは、
なかなか難しいですが、
何となく言いたいことはわかりました。

 

周りの空気を読むことは
生きていく上で必要ではあるけれど、
いつも空気ばかり読んで周りに流されるのではなく
最終的には自分で判断し、考えて行動することが
「自由」ということなんだということでしょうか・・・

 

結局何事も起こらず、給食を食べ進める子ども達。

 

給食を食べた時、結衣子が「良かったね」と言うように
彩未にニッコリ笑いかけます。

 

その結衣子の笑顔の可愛いことったらなかったですね!

 

結衣子が笑っているところって
今まで見たことあったかな?と思うくらいだったので・・・

 

その夜、食事をしながら彩未は志岐に
今晩は泊まっても良いと言います。

 

次の日の朝・・・

 

起きてきた彩未の腹巻き姿に笑いました☆

 

相変わらず、ド~ンと前面に腹巻きを堂々としている彩未。

 

何だか可愛かったです。

 

その朝、彩未がサイコパスだと書かれているブログが
また更新されていることに気づきます。

 

このブログを書いている人物に心当たりがないのかと
尋ねる志岐に、彩未は心当たりないと答えます。

 

そんな彩未に志岐はそのブログを書いている人物は
ここに映っているとパソコンを出します。

 

そこには、何と夜な夜なパソコンに向かい
何かを打ち込んでいる彩未の姿が!!

 

え~!!

 

彩未があのブログを書いていたんでしょうか??

 

だとしたら、何のために?

 

無意識でブログを書いてしまって
いるんでしょうか?

 

次回、その辺が明らかになるようです。

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:結衣子役の木村真那月ちゃんは人気が出ると思います!

 

タグ

2012年12月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:悪夢ちゃん

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ