悪夢ちゃん・第2話のあらすじと感想【あやみしぇんしぇ~がカワイイ】


悪夢ちゃん・第2話のあらすじと感想です。
10月20日放送分。

 

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

第2話の今回は「チー夢」。

 

志岐(Gackt)から彩未こそが予知夢を見ることが出来ると
思い込まれた彩未(北川景子)は
夢札をとられ、夢を覗かれました。

 

しかし、「私は現実の中では決して夢は見ない。
夢は夢の中だけで処理して生きています。」という愛未は
夢の中でだけ好きな物をお腹いっぱい食べたり、
王子様とダンスをしたりと、

 

自分が見たい夢を見ることができ、
これは夢だと認識して見ている明晰夢というそうです。

 

施設で育った彩未は誰にも頼らずに1人で強く生きてこなければ
生きてこられなかった過去が切なくもありますが、
人と関わることを煩わしいと口では言いながらも、

 

ついつい周りの人に振り回されたり、自分から関わっていったりと
今後、彩未がどのように変化していくかも楽しみな部分です。

 

彩未の明晰夢に次第に悪夢ちゃんこと
結衣子(木村真那月)の予知夢のように
見たことがない人が出て来るように・・・

 

彩未にも結衣子のように予知夢を見ることができるように
なっていくのか、どうなっていくのでしょう☆

 

そして今回のメインの「チ~夢」についてですが、
彩未のクラスの神田冬馬(原田一輝)が鴨を大蛇に差し出し、
大蛇が鴨を食べた隙にその腹を切り裂くと、中から少女が出てきて・・・
という予知夢を見た結衣子。

 

その予知夢の真相を探るうち冬馬の
複雑な家庭環境が明らかになっていきます。

 

元姉から同じチームだと言われた冬馬は
元姉を助けたい一心で、
お金持ちのクラスメートの財布を盗んでしまいます。

 

その盗んだ財布のブランドが「プラガモ」で、笑えました!
プラダとフェラガモをたしちゃったのね(;´Д`)

 

予知夢の真相も、今回はヤマタノオロチが出てきたりして
なるほどな~と楽しめました。

 

なんだかんだで、冬馬の元姉が年齢を隠して働いていた
バーのママ(高橋ひとみ)さん、ぶっきらぼうですがいい人でしたね~。

 

最後に父親がそのバーにやって来て
歌った歌は、声がハスキー過ぎて聞き取りにくい・・・

 

これは、音楽で食べていくのは
難しいだろ~なんて現実的なことを
考えてしまいました(;´Д`)

 

また、彩未のことをサイコ先生と呼んだり、
資格は持っていないけれど熱意はある養護教諭ということで、

 

スクールカウンセラーのように様々な家庭の事情を
探るように彩未に言われて聞いてきたりと、
何だか平島琴葉役の優香さんも面白い役どころです。

 

彩未に「もっと自分を出せ」と言われた結衣子が
「冬馬がわざと結衣子を押したのではないか」と言う平島先生を
「違う、そうじゃない」と言う代わりに、
いきなりスリッパで頭を叩いたのは面白かったです。

 

結衣子も彩未の影響を受け、変わろうとしているんですね。

 

今回の最後に彩未が「チームとしてなら」と志岐を
部屋に入れましたが、今後2人の関係はどうなっていくのでしょう・・・

 

予知夢の映像は現実味がない映像がすごく新鮮で、
何だか見入ってしまうんですよね。

 

でも今さらながら、番組の始まり方が
「妖怪人間」とよく似ています。

 

それにしても、結衣子の「あやみしぇんしぇ~」の言い方が
可愛いすぎます(*´д`*)

 

評価:7点 ☆☆☆☆☆☆☆

 

一言メモ:あやみしぇんしぇ~♪を聴きたいから来週も観る!

 

タグ

2012年10月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:悪夢ちゃん

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ